続かないぶろぐ

kiryuブログ -仙台在住鹿島ファン-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

戻ってきて欲しい。

昨日、柳沢が今シーズン限りでの引退を発表しました。
信じられない思いです。
2008年1月1日を最後に柳沢は鹿島を去ったけど、
「いつか必ず、ひとつの道を歩む時が来る」と信じてきたから。


柳沢には迷惑かもしれないけど、このまま黙って居られない。
そう思い、今日柳沢に手紙を渡してきました。
Twitter上で同じ思いでいてくれた人も多かったので、伝えた内容を書いておこうと思います。
4年間、同じ街に住んでいたはずなのに、ヤナギに会いに行ったのはこれが初めて。
帰ってくると信じてきたから。

***************************************
柳沢 敦さま

ベガルタ仙台の選手として最終節に向けて集中しているなか、
このような手紙をお渡しする事をお許し下さい。

私は(本名)と申します。
北海道出身のアントラーズファンです。
ジーコの眼差しに心を打たれて鹿島のファンになり、高校生の頃に柳沢選手が入団してきました。
カシマスタジアムで応援したいという一心で就職を機に上京し、2001年から
鹿島の為に声を枯らす事ができるようになりました。
2003年に仙台転勤を命じられて以降は、ここからずっとホームも、アウェイも
応援に向かっています。

柳沢選手は僕らにとってヒーローであるのと同時に、(失礼ながら)息子のような存在でもあります。
宝物、という表現が一番近いかもしれません。
僕らは柳沢選手を通して未来を見ていました。

柳沢選手が持つワールドカップへの思いを感じていただけに、
2006年に負った怪我にはとてもショックを受けました。
深夜バスを乗り継いでカシマに向かい、仲間の手を借りながら
「お前をワールドカップへ連れて行く」との横断幕を出しました。
少し意味不明だったかもしれませんが、鹿島ゴール裏の声が僅かでも治癒を早め、
一歩でも前に進むことができたらという思いでした。
ドイツにも行きました。悔しかった。でも、ヤナギが鹿島の代表として
あの場所に立っていたこと。そして悔しさを共有できていると思えた事を幸せに感じています。

僕らは柳沢選手に対して全てを注いできました。
ただそのぶん、とても重いものも委ねてきたのだと思います。
移籍の決断はつらいものでしたが、ヤナギの決断は尊重しなければいけない。そう感じました。

でも、僕達はずっと信じてきています。
きっと柳沢選手は最後にここに戻ってきてくれると。
ずっと、冬が来るたびに動向を追ってきました。
仙台との2年契約延長はとても遠く感じましたが、それでもずっと待って来ています。

柳沢選手。僕たちはヤナギの全ての決断を受け入れてきました。
鹿島の為に全てを注いでくれたから。
だけど、ヤナギ。今度の決断だけは受け入れたくない。
最後にもう一度アントラーズレッドを纏って、カシマスタジアムで戦って欲しい。
俺達はこのままじゃ終われない。
ヤナギがユニフォームを脱ごうとしているのを、遠いところで静かに見守るなんて無理だ。
あなたは退団して何年経とうとも、鹿島アントラーズの象徴そのものなんです。
柳沢敦の時代が終わるなら、その場所はカシマスタジアムであってくれ。
柳沢敦の時代は、僕達の時代なんだ。
俺達はこのままでは終われない。だから、せめて1年。
カシマスタジアムに戻ってきて欲しい。


最終節に向けて集中しているなか、申し訳ありません。
この言葉を柳沢選手に伝えなければ、僕は一生後悔すると思いました。
僕達にチャンスが残されているのか、それはわかりません。
ヤナギが決めたことは簡単に変えないという事はよくわかっています。
でも、アントラーズファンは往生際が悪いから。諦めたくないから。
僕の思いを伝えさせて下さい。

もし読んでくれたのなら、ありがとう。
ヤナギは僕達の宝物です。

***************************************


読んでくれるかわからないけど、このような手紙を渡しました。
手紙を渡すとき、「わがままかもしれないけど、アントラーズに戻ってきて欲しい。来年はアジアにいくから、
一緒にアジアを獲ろう」とも伝えました。
感情的になって、最後はうまく話せていなかったけど。。。

ヤナギは当たり前だけどもうすっかり引退する気になっていたみたいで、
アントラーズに戻ってきて欲しいと言ったら少し驚いて、戸惑ったように少し笑った。

その為に来たんだ。
困らせなきゃ。そして何かが動いてくれ。
頼む。
スポンサーサイト

鹿島 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<【仙台】柳沢「全てをぶつけたい」ラストゲームに闘志 | HOME | ここで手を離せば楽になれる>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。