続かないぶろぐ

kiryuブログ -仙台在住鹿島ファン-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

梅鉢のループ

重要なFC東京戦の直前だけど、先日の試合で印象的だった梅鉢のプレーについてちょっとだけ!

磐田戦のロスタイムにPA内で梅鉢が見せた切り替えし⇒ループシュートのプレーが
すごく気に入っているんだよね。
まず、あの切り返しの鋭さに驚かされたのだけど、そこから放ったループシュートもかなり可能性を
感じるシュートだった。

俺はもともとループシュートがすごく好きなのだけど、同時に「決まらないループシュートは危険」という
認識も持っていて、外れたループシュート(野沢なんかが多い)には悪い印象が残ることが多い。
ただ、梅鉢のループは違って感じられた。

(俺の中の勝手な価値観なのだけど)要因は何だろう。
まず、得点差と時間帯のバランスは間違いなくあると思う。
2点差で迎えたロスタイムだったからね。多少のリスクは許されると思う。

でも一番大きいのは意外性だったんじゃないかと思う。
鹿島でたまに見るループシュートにはあまり意外性を感じるものって無かったんだよね。
「狙い」としてやっているだけで、相手との関係の中で「え??}というギャップを感じる場面は
ほとんどない。「あーはいはい。そういう感じね」って感じ。

でも、あの時、あのタイミングでまさか梅鉢がループシュートを撃つとは全く想像もできなかった。
そのうえ、かなりキックの精度も良かったからね。
梅鉢は磐田戦でもロングループを狙っていて、あれについては状況的にあまり好意的には受け取れない
のだけど、あそこでそういう選択肢を持っている事に驚かされたという部分もあった。

今季の後半戦から出番を増やしている中で、実はもう2得点を挙げている梅鉢。
単純な比較はできないけど、柴崎よりも効率的にゴールを生み出してる。
攻撃的な能力が高いという認識は無かったのだけど、、、発想も含めて面白い選手なのかもね。
スポンサーサイト

鹿島 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Jリーグを7度制してきた | HOME | 本田拓也と梅鉢貴秀>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。