続かないぶろぐ

kiryuブログ -仙台在住鹿島ファン-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ナビスコ制覇!(遅ればせながら)

既にリーグも再開しましたが。。。
ナビスコカップ制覇!!!のエントリー。

2002年に優勝して以来、もう9年も経ってしまったナビスコ杯の優勝。
むしろ記憶の上では2003年に逆側の歓声を背にスタジアムを後にした事や、
2006年の野沢の涙、の方が印象に残っていました。

野沢の涙に、「泣くより先にやることがあるんだぞ!!」という声が飛んでいたっけ。

それに最近の大会では予選敗退、そして初戦敗退などを繰り返していて
自分自身スタジアムにもおらず、無念の大会が続いていました。
リーグ戦でうまく行かないシーズンを過ごすなか、ナビスコカップで
結果を残せた事は今のチームの現状を残す意味でも大きかったかな、と思います。


深夜バスで東京に向かった為、日の出をスタジアムで迎える事はできなかったけど、
朝からみんなと開場を迎える事ができたのは久しぶりで楽しかったな。

ただ、実は試合内容はまさに「今シーズンそのまま」の鹿島の姿と、話にならないような
対戦相手。そして繰り返すけどその相手から得点を奪えない鹿島。という図式があって
応援していてとても疲れる試合でした。
いま思うと、それも決勝だけ現地にいるからこその感覚なのかも、と思います。
少なくとも決勝に至るまでの2試合も同じように延長まで含めての試合で勝って居るんですから。
やっぱ現地応援じゃないと掴めないものがあるな、と。
(でもそのくらいはテレビ越しにでも把握できているべきなのにね。)


また、俺自身としてはアウェイで2点差を一気に追いつかれた記憶もあったので
最後までやらねば!という思いが(当然だけど。。)あったのだけど、
延長後半残り数分というところで前方から紙テープがポンポンと飛んできて。。
試合中に全く応援していない(ようにみえた)人達がめっちゃ紙テープを配っているのですよ。
ちょっとそれが受け入れがたくて。。。抗議したり。

そんな感じで試合が終わってしまった事もあってか、過去に無いくらい疲れ切った優勝になって
しまった。
とりあえず結果だけだしたぞ、って感じで。


だけど、やっぱホント、もっと優勝の価値を感じられるべきだったなーーーーーって。
試合終了後の皆さんの反応や、様々な記事を見ていて思いました。
チームや他のファンの方々が、どういう気持ちで戦ってきたのかってことを
ちゃんと理解していればね。もっと良い応援もできたかな。

おかげさまで試合が終わってしばらくしてから、今回のナビスコ制覇の価値を
かみしめています。
この優勝で全てを肯定される事はなくとも、目指したものが一つ形になった。
そして、形にできる力を持っていた。それをタイトルって形で証明できて、本当によかったと思う。

そうそう、試合前には横断幕を張ることができました。
鹿嶋から持ってきてくれたお二人に感謝。両方ともめっちゃ重かったわ。。。
「Vamos La! KASHIMIA!!」はでかすぎてスタジアムの中には貼れないと判断して、
ゴール裏から入場ゲートに向けて出すようにしました。
でもこれも今思えばバックスタンドだったら出せたよね!!!失敗した。
スポンサーサイト
鹿島 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<丸亀から帰ってきた | HOME | そうそう、退院しました!>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。