続かないぶろぐ

kiryuブログ -仙台在住鹿島ファン-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

負けるのは、この壁から手を離した時

ある意味、俺は12番目の選手だったかもしれない。
意気込みはあったはずなのに、また何もできなかった。
応援が駄目だから負けた、なんて意味ではないのだけど、、
チームが苦しんでいるのがわかっていたのに、意志を込めた声ひとつあげられなくて。

体をほぐさなきゃって、ハーフタイム中はコンコースをぐるぐる走ってたけど
後半もほとんど変えられなくて。
周りの人達に引っ張られて応援してるだけって感じだった。

俺、さっきまであんなに心が燃えていたのに、と。

一緒とは言わないけど、選手達からも同じようなものを感じた。。。
やる気が無い。やる気があるように見えないんだけど、そんな訳がないんだ。
入れ込み過ぎ、とかそういう言葉に近い状態だったんじゃないだろうか。

これは、選手達ではなくクラブとしての壁なんだと実感した。

アジア制覇を阻んでいるのは、対戦相手ではなく鹿島アントラーズの中にあるのでは
ないかな。
試合を控えた状況で交わされる会話や、流れる空気。そういったものが昨日の
アントラーズを生み出してしまったとしか考えられない。
国内リーグでは、対戦相手達がその壁に苦しみ、鹿島はアドバンテージを得てる。
だけど、ACLではより巨大なビハインドを負っているのだろう。

だから越えるのがすごく困難な壁だと感じた。
越えるには、越えるしか無い。もがくしかないよね。

タイトルは、今日いろいろ考えた末に至った、その割には普通の言葉でした。
鹿島はまた壁から滑り落ちてしまった。
だけど、ACLの試合にはほとんど行かなかった俺だけど、この壁から手は離さない。

選手達にも伝えたいな。次のホームはだいぶ先だけど。
スポンサーサイト

鹿島 | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<クッションの下に | HOME | 明日は、全てをかけて>>

この記事のコメント

それでも君はあのピッチで12番目の選手として闘っていた。
俺はそれすら出来なかった・・・

悔しいというより、心のモヤモヤが取れなくて、ずっとイライラした状態だよ。
そういう意味で伊野波の心情は少し理解出来るかな?

俺もあの場に居たら叫んでただろうな、伊野波のコールを。
2010-05-14 Fri 00:04 | URL | コイン #-[ 編集]
コインさんに同じく。

試合の映像を全く見てないので、正直なところ負けた悔しさやショックは全くないんだけど、逆にそれがツラいと言うか…ここまでその場にいられなかったことを歯がゆいと思ったのは初めてッス。
2010-05-14 Fri 00:21 | URL | たまご #H6RSI4P.[ 編集]
名古屋には行かないので、コインちゃん頼んだ。
明日勝って欲しい。
2010-05-15 Sat 19:51 | URL | kiryu #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。