続かないぶろぐ

kiryuブログ -仙台在住鹿島ファン-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

酷い試合になってしまった。

ちょっと甘かったかな。
日程面やマルキの件もあって不安定なチーム状態である事を頭では理解していたわけだけど、
それを試合開始時点から全開で表現できたか、と考えると全然ダメだったね。

とにかく、開始直後の失点ってのは最悪としかいいようが無い。
開始15秒、30秒の段階で、防ぎようの無い失点なんてあるわけがない。
一人のファンとして、それが起こりうる可能性に気づける要素はあったはずなんだけどね。

あ、でも試合前はマルキへ横断幕を掲示しましたが、手伝ってくれた皆様本当にありがとうございました。
突撃ですみません。
いろいろ迷いはありましたが最終的に作成して、掲示することができたのは良かったと思っています。
それにしてもものすごい風で横断幕が吹き飛んでしまいそうだった。

当然、マルキの様子を気にして居たんだけど、挨拶時のマルキコールに大きなアクションで
応えて居たので、どうやら元気に動くことはできそうだ、と判断。
ただ、同時に元気に動けると言うことは、空回りする可能性が非常に高いとも考えていて、
これまでマルキのプレーをずっと見てきた事と、今の可憐の状況を考えれば”退場”という結末は
十分考えられると感じた。

実際、あのプレーは相手へのに当てたか否かという部分で言えばレッドカード相当とは言えないと思うけど、
振り上げた腕に感情が入りすぎていたね。
マルキに取っては一生懸命プレーしただけ、という所だと思うけど、最近の彼のプレーは荒い。
レフェリーに与えていた先入観も判定に影響したかもしれないな。

15分間で失点&退場と来れば厳しい試合になったから、そこから追い上げるのが難しいというよりも、
15分間で失点&退場者を出すチーム状態で、追い上げる力を発揮するのがいかに難しいか、という
感覚だった。ミスが多かったからね。

今思うと、前半CK?のこぼれ球を押し込もうとして阻まれたシーンが勝敗の分かれ目と感じる。

イジョンスはやけにミスが目立つと思ってみていたのだけど、2失点共に彼の中途半端なプレーが
失点に結びついていたんだね。
先日書いた通り、イジョンスはかなりレベルが高いと感じていただけに、今日のプレーぶりには
がっかりだな。
もう少し見ていかないといけなさそうだ。

苦しい試合展開の中で、興梠が見せた2つの突破は収穫だったと感じてる。
そのウチの一つはゴールに結びついたしね。美しいゴールだったと思う。

終盤戦で印象的だったのは、相手カウンターへのソガの対応。
あのカットはものすごかった。プロの仕事としか言いようが無い。

あとは、最後のFKで、オガサのキックがえらく前に落ちちゃったこと。
昔、アウェイ新潟でフェルのCKが飛びすぎた時以来のがっかり感ではあった。
疲労によるものだろうか。

それにしても、苦しい時になかなか力になってあげられないなと感じる。
東京戦、なんとか行くようにしたい。

それにしても腹立たしい試合結果。
仙台。。。カシマでは殲滅させてやる。。。





スポンサーサイト

鹿島 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<拾いモノ | HOME | 今日は宮城観光>>

この記事のコメント

なぬ!?

つまり、まだFC東京戦来られるかどうか未定ってことっすか?w
2010-04-05 Mon 01:40 | URL | たまご #H6RSI4P.[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。